目の下のクマといってもさまざまなタイプがあります。
同じように見えても、プロの目で見れば対応するクマ治療が違うものになることがあります。
では、現在、美容外科ではどのような治療が行われているのでしょうか。
それほど目立たないクマであれば、ボトックスなどでコラーゲン生成を活性化してやるという方法があります。
ボトックスで使われるボツリヌス菌は毒性が排除されたものであるので、安心して利用できます。
ただ、ボトックスはそれほど目立たないクマには有効ですが、かなり目立ってしまっているクマにはあまり効果がありません。
そのようなクマには、他の方法を考える必要があります。
くぼんでいるクマには、ヒアルロン酸やコラーゲン、脂肪など、体に負担の無いものを注入するのが一般的です。
また、膨らんでいるクマの場合は、脱脂術といって突出している脂肪を取り除く手術が一般的です。
脂肪を取り除いた後は、その脂肪をくぼみに注入するということも行われています。
脱脂術は極狭い範囲の手術ですから、腫れも少なく痛みも少ない手術です。
このようにクマ治療にはいくつもの方法があります。
自分のクマにはどのような治療が良いのか、一度美容外科で相談してみてはいかがでしょうか。