最近よく宅建の名前を耳にします。
一体どんな資格なのでしょうか?宅建の正式名称は「宅地建物取引主任者」です。
宅地建物取引業法に基づき制定された国家資格で、資格が取れると土地や建物の取引の行うことができるようになります。
マンションやアパート、土地を購入する際に契約について説明をしてくれる人がいますよね。
その人こそ宅地建物取引主任者です。
大手の不動産の企業では持っている人が非常に多いのですが、中小企業になると持っている方は少ないのでこの資格を持っていると非常に就職に有利になります。
不動産関係に就職を考えている方は絶対に持っておいた方がいい人気の資格です。
国家資格ということも人気の理由の一つとなっています。
ですが、国家資格ですので非常に難しく、合格率は15%前後と非常に低いです。
一回で合格するのは至難の業といえるでしょう。
合格している方の多くは独学ではなくセミナーや教材等を使っています。
こちらですと忙しい方でも合格に近づくために効率のよい勉強ができますし、合格率が独学よりもグッと上がります。
セミナー等ですと頑張ってるのは自分一人ではないと励みにもなります。
宅建の試験は年に一回です。
自分に合った勉強方法を見つけて、後悔しないようにしたいですね。





トップへ