鉄筋がむき出しの状態になっていて、壁と屋根は厚い波板状のトタンぶき、そして、床はコンクリートで固めているというのが、貸し工場の大半のイメージではないかと思います。
物件紹介サイトで見てみると、神奈川の貸工場に関しても、そのような感じの工場や倉庫の物件が多くあります。
物件紹介には現場写真が欠かせないわけでして、現場写真を見ると、そこにかつてあったドラマを想像することができるのです。
壁に安全第一の標語が貼られたままの神奈川の貸工場で、大勢の工員が機械油と格闘しながら製品をつくっている躍動的な光景が、ドラマとしてよみがえるような気がするわけなのです。
神奈川の貸工場は物件数が豊富だということですので、事業にまつわるドラマを再び再現するのもいいのではないかと思います。