私の家は、築年数が30年ほどです。
内装はこまめに壁の壁紙の張り替えなどを行ったり、リフォームを行っているので、まったく生活に問題ありません。
しかし、外装に関してはそろそろ何とかしないといけないと思っていました。
ちょっとずつ手を加えていけばそれほど資金的な負担も少ないと思い、色々気になるところから少しずつ手を加えていくことにしました。
まず最初に考えたのは屋根塗装です。
元々屋根は、良い瓦を使っていたのですが、さすがに無い年月風雪に耐えていたので劣化が隠し切れません。
これを綺麗にすればそれだけで我が家の見た目が良くなると思ったので屋根塗装を行う事にしました。
正直言ってリフォームを行うからには、無駄にお金をかけたくありませんでした。
だからといって素材をケチったり適当な作業を行う業者にお願いするのは、逆に無駄になってしまうと思ったので、いくつかの業者に相見積もりをお願いしました。
その中で納得いく説明をしてくれる感じの良い業者にお願いしました。
感じのいい業者の方で、丁寧に作業を行ってくれているのがわかりました。
作業が終わって屋根塗装が完成した我が家を見て、本当に新しい家になったようで、やってよかったと思いました。