過払い請求は一段楽した感じですがまだまだその請求はありそうです。
利息制限法と出資法の2つの法律が貸し出しの上限金利を決めていました、
つまり一つの決め事をやるのに2つの基準があったのです。
当然2つの法律の間には差がありそれがグレーゾーンと言われる部分です。
請求があったらその部分を計算して返すべきものがあれば返さなくてはならないし、
それによって今ある借金がゼロになる人もいます。
大阪で過払い請求を行う場合は、
まずは自分で計算してみることです。
そして弁護士や司法書士に相談してみましょう。
過払い請求できるかどうか分からなくても、
消費者金融などと5年から7年くらい付き合いがあるならば、
ダメもとを覚悟してそれらの専門家に相談してみましょう。