ディープ ラーニングにおいて、自分に最も適したGPUを選ぶ場合に考えたいのが性能についてです。
その性能について、最も簡単かつ効率の良い選び方が新しい世代のモデルを選ぶという考え方です。
それは、スマートフォンやパソコンと同じように、GPUもどんどん性能が高くなっていきます。
同じ値段を出して買う場合でも、5年前のモデルと最新型のモデルでは比べ物にならないほど性能が高くなっているのです。

しかし、一概に古いモデルが悪いとは言い切れません。
確かに1枚使いでの性能を見れば最新型の圧勝になるかもしれませんが、2枚使いで使えばそれなりのパフォーマンスを発揮できる古いモデルも存在します。
さらに、GPUは旧世代のモデルが大幅に安くなるという特徴があるため、コストパフォーマンスで考えた場合古いモデルを使うという考えも十分有り得るのです。

また、VRAMにも注目しましょう。
こちらはメモリ容量を表すキーワードとなっており、この数値が大きければ大きいほどパフォーマンスが高いという証明になります。
特にゲームや映像処理をする場合にはメモリ容量が非常に重要な要素となっているため、ここに注目して購入を決めるという人が多いです。

https://jp.morgenrot.cloud/blog/gpu-comparison-for-deep-learning/